プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアとステロイドの関係とは

現在、日本人男性800万人がかかっているという疾患があります。

これは男性型脱毛症というもので、AGAという言われ方をすることもあります。

特徴は、前髪の生え際が後退していく、頭頂部の辺りから薄毛になる、といったものがあげられます。

まれに両方の症状を同時に起こしてしまうこともあるといわれています。

この男性型脱毛症の原因ははっきりとわかっているわけではありません。

が、現在の医学界では男性ホルモンによる影響であるという説が主流といえるでしょう。

さて、この男性型脱毛症の治療に画期的な薬がでました。

プロペシアという薬です。

プロペシアというのはそもそも前立腺肥大の薬と開発されていた経緯があります。

前立腺肥大というのは、前立腺にある尿道を収縮する受容体が増加するという病気です。

この受容体を遮断するために有効な手段として、男性ホルモンの作用を防ぐということがあったのです。

ここでいう男性ホルモンというのはテストステロンと還元酵素の働きによってできた5α-ジヒドロテストステロンをさします。

では、この男性ホルモンを抑制するにはどうすればいいのかということになりますよね。

そこで、テストステロンと5α-リダクターゼをくっつくのを阻害するればいいという結論にいたり、メルク社という大手の製薬会社の研究者が開発したのがプロスカーという前立腺肥大の薬でした。

前立腺肥大の患者がこのプロスカーを服用していると、男性型脱毛症で悩んでいた薄毛に改善の効果があったという報告が相次いだのです。

この事実が1997年にFDA、アメリカ食品医薬品局が認め、翌年には世界初となる経口での発毛剤としてプロペシアが発売されたのです。

プロペシアにはこうした経緯があるのですね。

そして、重大なことはここからです。

プロペシアには確かに発毛作用があります。

まず男性機能の低下、性欲の減退などがあるということです。

これは多くの人も御存知でしょう。

しかし、プロペシアには肝機能障害を引きおこす可能性もあるのです。

ですが、これよりも恐ろしいのはプロペシアはステロイドホルモン剤であるということですね。

プロペシアは一般的に半年ほど用いて効果がでなければ服用を中止されます。

これはステロイドホルモン剤であることの特徴でもあるのです。

というのも、使い始めた1年目には効果もでます。

が、2年目になると1年目の効果の半分、3年目になると、2年目の効果のさらに半分しか効果がでなくなるのです。

とはいえ、基本的に医師の管理下の元の服用でしたらそこまでの問題はありません。

ただし、妊娠中の女性や妊娠の可能性のある女性は服用はもちろん、触れるのも厳禁です。

というのも皮膚からの吸収であっても胎内の赤ちゃんが男の子だったときには性器の発達に異常を起こしてしまうからです。

プロペシアを使うのを悪いとはいいません。

しかし、こうした重大な副作用もでる可能性もある薬だということは忘れないようにしてくださいね。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

ステロイドとの関係関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ