プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアとリアップの上手な併用方法

プロペシアというのは男性型脱毛症の治療薬として知られていますよね。

そのプロペシアよりも育毛剤として有名なのはリアップでしょうか。

一時期大きくメディアに取り上げられたこともあるので、耳にしたことがある方も多いでしょう。

リアップというのは頭皮に塗布するタイプの育毛剤です。

有効成分はミノキシジルとなっていて、血管の拡張や血流の促進に効果を発揮します。

これに対して、プロペシアは男性ホルモンの活性化を抑制する効果があります。

男性型脱毛症というのは、主な原因が遺伝的要素と男性ホルモンによるものとされています。

プロペシアはこの男性ホルモンを抑制することで効果をあげることができるのです。

育毛剤に詳しい人ならば、攻の育毛剤がリアップ、守の育毛剤がプロペシアというようなことを聞いたことがあるかもしれません。

これは、双方の効果の違いを言い表したものですね。

つまりは発毛などの効果を持つ、リアップと、抜け毛を予防するプロペシアというわけです。

両者の特徴を簡潔に言い表したものだと思います。

そんな両者を併用することでさらにその効果はあがると言われています。

ですので、ミノキシジルとプロペシアを併用している方は多くいらっしゃいます。

では、もう少し詳しくリアップとプロペシアの効果をみていきましょう。

リアップに含まれているミノキシジルという成分は頭皮下にある毛細血管に作用します。

毛細血管の血流を促進してくれるのですね。

そもそも髪の毛のもととなっているのは毛根の中にある毛母細胞というものです。

この毛母細胞は毛細血管の血流から栄養や酸素を得て、髪の毛を育てていくわけです。

つまりは血流を促進することでより多くの栄養や酸素を与えることができるわけですね。

これによって発毛を促すといわれているのです。

一方のプロペシアは、男性ホルモンに作用します。

テストステロンという男性ホルモンが還元酵素と結合することでDHTというホルモンに変化します。

このDHTが毛母細胞の成長を阻害するたんぱく質を生成するので、髪の毛が細くなり、やがては抜け落ちてしまって生えてこなくなる。

というのが男性型脱毛症の原因だとされているのですね。

プロペシアの有効成分であるフィナステリドという成分はテストステロンと還元酵素が結合するのを阻害する働きを持っているのです。

つまりは男性型脱毛症の原因であるDHTの生成を阻害しているのと同じことなのです。

これによって、毛母細胞の成長を阻害していたたんぱく質は生成されなくなり、通常通りに成長することができる。

こうした効果の違いがあるのです。

ただこの2つを併用することで、発毛の効果、抜け毛の防止にさらなる効果が期待できるようになるのです。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

リアップの上手な併用関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ