プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアの若い人のハゲへの影響について

男性型脱毛症という脱毛症があります。

日本人男性の脱毛症のそのほとんどに該当する脱毛症で多くの方の悩みの種にもなっています。

この男性型脱毛症というのは、男性ホルモンが活性化する思春期以降に発症するといわれています。

ごく希ですが、中には10代で発症してしまうといった方もいるそうです。

進行性の脱毛症で、初期症状は抜け毛が多くなること、髪の毛にハリやコシがなくなってくることがあげられます。

こうした初期症状を経て、前髪の生え際が後退していったり、つむじの周辺から同心円状に薄毛になっていきます。

最終的には側頭部と後頭部以外は脱毛した状態になってしまうといった症状があります。

この男性型脱毛症に有効な治療薬というのがプロペシアです。

有効成分であるフィナステリドという成分を含んでおり、男性ホルモンを抑制する効果があります。

男性型脱毛症の原因は大きくわけて2つあるといわれています。

遺伝的な要因と、男性ホルモンの影響の2種類です。

男性ホルモンのひとつである、テストステロンというものがあります。

このテストステロンと還元酵素が結合することでDHTというホルモンに変化するのです。

このDHTは頭皮下にある髪の元となる毛母細胞の成長を阻害するたんぱく質を生成するのですね。

これによって、髪の毛の成長がなくなってしまい、髪は細くなっていきます。

やがてやせ細った髪は抜けてしまい、次に新しい髪を生やさなくなってしまう。

これが男性型脱毛症の原因だといわれています。

プロペシアを服用することで、テストステロンと還元酵素が結合するのを阻害してくれるのですね。

つまりは、髪を成長させないたんぱく質を作りだすDHTの生成を阻害するのです。

よって、男性型脱毛症の改善に効果が期待できるのです。

そうしたこともあって若い内からプロペシアを服用しようという方もおられるようですが、男性型脱毛症の予防にはなりません。

プロペシアは飽くまでも発症してから効果がでる治療薬となっています。

ただし初期症状の段階で、使用することには意味があります。

また、プロペシアはいわゆるホルモン剤です。

ですので、あまりに若い方への服用は認められていません。

生殖器がきちんと発達しないという副作用があるからです。

これは未だに報告はなされていないのですが、理論上では十分に起こる可能性があるので禁止されているのです。

プロペシアの添付文書には服用は20才以上で50才以下の男性に限るとあります。

このことからもあまりに若い内からの服用はおすすめできません。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

若い人のハゲへの影響関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ