プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアで医療控除が受けられるか

男性型脱毛症の治療薬として有名なものはプロペシアですね。

このプロペシア、効果があるといわれているのはいいのですが、いかんせん高額なのですよね。

というのも、プロペシアは医療用の医薬品として認可されているのですが、保険の適用外なので全額自腹となってしまうのです。

一錠につき250円くらいで販売されていることが多いですので、ひと月となると7500ほどかかる計算になってしまいます。

これに医師の診断料や血液検査などがくわわるとひと月に1万円以上の支出となってしまいますよね。

年間にすると12万円以上はかかってくる計算になります。

そこで医療費の控除ができるのかどうかというのはちょっと嬉しいことではないでしょうか。

医療費の控除というのは耳にしたことがある言葉だと思います。

具体的な内容を書いておきましょうか。

年間の医療費が10万円を超える場合は医療費の控除が認められるのです。

一年間にかかった医療費というのは1月の1日から12月31日までの一年間で、医療関係費が控除の対象となります。

翌年の2月からはじまる確定申告にいき、医療費控除の提出が必要となってきます。

ただし、プロペシアの医療費控除というのは100%認められるわけではないようです。

インターネット上でいくつかのサイトなどを回って確認したところ、認められた人と認められなかった人がいるようです。

認められなかった人の場合は、命にかかわる病気ではないからと担当に言われたという理由が多かったです。

ですので、100%医療控除が認められるわけではないです、というよりもその担当官しだいといったところでしょうか。

認めてくれるときはすんなりと認めてくれるようですので、試しに申告してみるといいかもしれません。

本来ならこうした担当官の判断によって左右されるべきではありません。

が、それを言い出してもせんないことですので、まずはダメもとでも申告してみるといいでしょう。

運が良ければ控除が認められていくらかの還付金がでると思います。

控除を受けたいのであれば、医療費控除の申請用紙などが近くの税務署にあるのでそちらで確認するといいでしょう。

そのときにいちど話を聞いてみるといいかもしれません。

法的な知識があるのであれば、控除の承認がおりなかったときには争ってみるといいかもしれません。

どう転ぶかはわかりませんが、多くの人のためになることは確実です。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

医療控除が受けられるか関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ