プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアは女性の服用禁止です

脱毛症といえば少し前までは男性特有の症状だという認識がありました。

しかし、近年になって女性の薄毛という悩みも増えてきているそうです。

女性の薄毛の場合は、男性のようにどこかいちぶが薄くなってくるというよりは全体的に薄くなってくるというのが特徴だといわれています。

ですが、女性の中にも男性と同じように男性型脱毛症となる方もあるようで、そうしたときの治療にはどうすればいいのでしょうか。

プロペシアは男性型脱毛症に効果があるといわれている薬剤です。

しかし、女性にはプロペシアの服用は禁止されているのです。

というのも、妊娠中、若しくは、妊娠の可能性のある女性にはとてもリスクが高いからです。

プロペシアというのは男性ホルモンに影響を与えることで、男性型脱毛症の症状を改善する薬です。

こうしたホルモン剤は胎内に赤ちゃんがいる場合は大きなリスクとなってしまうのです。

具体的にいうと、赤ちゃんの生殖器の発達を阻害してしまうという可能性があるのです。

ですので、男なのか女なのか、はっきりわからないという赤ちゃんになってしまうことがあるのです。

こうしたことは実際に起こったというわけではないようですが、理論的に十分可能性のある数字がでるので禁止されているのです。

これと同じ理由でまだ思春期を終えていない少年の服用も禁止されています。

人の副作用としては確認されてはいないのですが、ラットによる実験ではこれらのことが確認されています。

プロペシアの成分であるフィナステリドという成分をラットの雌に与えた続けたところ、その雌から誕生したオスのラットの赤ちゃんには生殖器の異常が認められたのです。

ですので、薄毛に悩んでいるからといって、女性にプロペシアを使うのは禁止されているのです。

また、女性の薄毛の原因についてはホルモンのバランスが崩れるなどといったことから起こることが多いようです。

しかし、そのホルモンといっても男性ホルモンではなく、女性ホルモンの方ですから、プロペシアを服用することに意味はありません。

加齢や、ストレス、自律神経の乱れ、睡眠不足などなど、こうしたことから女性ホルモンの量が減ってしまうのです。

そして、バランスが崩れて薄毛の原因となるといわれているのです。

ですので、女性の場合はプロペシアを服用することなく、比較的改善されやすい脱毛症といえます。

生活習慣の乱れをただし、健康的な生活を送ることで薄毛の悩みは解消されていくと思います。

また、最近では女性用の育毛剤というのも幾つか販売されてきています。

ですので、全体的に髪が薄くなってきているというような症状であればそちらを試してみることをおすすめします。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

女性の服用禁止関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ