プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアは保険が適用できるか

多くの男性が悩んでいる脱毛症の中でも有名なのは男性型脱毛症ですね。

成人男性に最も多いタイプの脱毛症で、その症状は特徴的です。

発症は思春期以降で、進行性の脱毛症となっています。

初期症状は抜け毛が多くなることや髪の毛にハリがなくなってくることなどがあります。

ここから症状が進行していくと、額の生え際から髪の毛が後退していく、つむじ周辺から毛が薄くなっていくということがあげられます。

最終的には、側頭部や後頭部以外は脱毛の状態になるというような脱毛症です。

この男性型脱毛症には多くの人が悩まされていて、広く育毛剤なども販売されています。

この手の育毛剤も安くはありませんので、どうせ使うなら効果のあるものにしたいと思うのは人の常です。

即効性のあるものはありませんし、長期間継続して使うのであれば効果のあるものにお金を使いたいと思うのは誰だってそうでしょう。

そこで、厚生労働省から男性型脱毛症の治療薬として効果を認められている治療薬があります。

プロペシアです。

フィナステリドという成分を含み、男性型脱毛症の改善に有効だとされています。

事実、多くの人がこのプロペシアを服用することで改善とまではいかなくても進行をとどめることには成功しているようです。

このプロペシアはそれだけの効果があるのですが、効果もあれば副作用もあるのです。

ですので、医療用の医薬品として承認されていて、国内で購入するには医師の処方箋が必要になってきます。

また、薬局でも通販は行えず、対面販売が義務づけられているのです。

プロペシアの購入には医療機関は欠かせないのですが、プロペシアは保険の適用外となっているのです。

ですのでプロペシアに関する医療費はすべて自腹で支払わないといけません。

多くの医療機関ではプロペシアを販売するのには好きな価格で販売しても良いことになっています。

が、メーカーからの提示価格である一錠250円くらいが多いようですね。

プロペシアの服用は1日につき一錠ですので、月に7500円ほどはかかる計算になります。

また、これに診察料などをあわせると、およそ1万円前後の治療費がかかることになります。

きちんとした医師の診断の結果、プロペシアでの治療が有効だとされたときには医療費の控除なども使えるようです。

申請のすべてが通るとは限りませんが、月に1万円だと年間では10万円を超えてしまいますので医療費の控除申請はしておくべきでしょう。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

保険が適用できるか関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ