プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアのジェネリックを知っておこう

ジェネリック医薬品というのを耳にしたこともある人が多いでしょう。

後発医薬品ともいわれる薬のことです。

が、具体的にはどういった医薬品か御存知でしょうか。

単に薬価が安いというだけではありません。

どうして安いのか、という理由が存在するのです。

ジェネリック医薬品というのは後発医薬品といわれる通り、既存の薬と同じ成分を持った薬のことですね。

ジェネリック医薬品以外の薬に関しては先発医薬品と言われ方をします。

これはオリジナルの新しい薬という意味になります。

そのためにかかる費用は莫大なモノになりますし、薬として承認されるまでには何年もの月日がかかってしまいます。

また、多くの試験にも合格しなければ医薬品として認められません。

こうしてできた薬には特許があるのです。

成分の特許、製造の特許、製法の特許などといったように別けられているのですね。

この内で成分の特許が最も早くきれることになります。

ですので、先発医薬品でも人気のある薬の成分が公開されるのです。

この情報を用いて製造された薬がジェネリック医薬品というものなわけです。

成分は同じだけど、製法などが違うということですね。

ジェネリック医薬品はこうした開発のコストがかからないことから薬価が低くすむのです。

さて、このジェネリック医薬品はさまざまなモノがあります。

もちろん、薄毛の対策薬として人気のあるプロペシアにだってあるのです。

プロペシアのジェネリックはフィンペシアといいます。

インドの製薬会社が販売しているモノです。

が、日本では正規に購入することはできません。

海外からの個人輸入に頼ることになってしまうのです。

海外から医薬品を個人輸入することはきちんと法で認められた権利ですので、日本では認められていない薬を使用することができます。

しかし、他人に販売してはならない、あくまでも購入した個人が医療用に使うのみに認められているのです。

また個人輸入に関してはすべて自己責任となります。

ですので、プロペシアに関しての副作用などもしっかりと考慮しておかないといけません。

フィンペシアもプロペシアと成分は同様です、ですので、肝機能障害、性欲減退、などの副作用はきちんと把握しておいてください。

仮に購入するとしても、いちどはプロペシアの処方をしてもらったほうがいいでしょう。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

ジェネリックも知ろう関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ