プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアでAGAを改善する方法

男性型脱毛症というのは多くの日本人男性を悩ませている脱毛症です。

また男性型脱毛症をAGAという言い方をすることも多いです。

Androgenetic Alopeciaの頭文字をとって略したものです。

そのまま男性型脱毛症の意味となります。

AGAとはどういった脱毛症なのかというと、成人男性に多く見られる一般的な薄毛だと思ってもらってもかまいません。

思春期以降に発症し、額の生え際の髪が後退していくことや、頭頂部から薄毛が広がっていくことで知られています。

進行性の脱毛症の1種で、初期症状は抜け毛が多くなったり、髪のコシがなくなったりします。

最終的には上述の薄毛が進行し、側頭部や後頭部を残して、脱毛状態となってしまいます。

一般的には男性ホルモンの影響、遺伝的な要因というのが原因だとされています。

AGAの直接的な原因はDHTといわれるホルモンです。

AGAの脱毛部にはこのDHTが多く存在していることからそういわれています。

このDHTというのは、男性ホルモンの1種であるテストステロンが変化したものです。

テストステロンと還元酵素が結合することでDHTに変化するのです。

このDHTは毛母細胞という髪の毛の元となる細胞の成長を邪魔するたんぱく質を生成するのです。

髪の毛の元となる細胞が成長しなくなってしまうことによって、髪の毛が徐々に細くなってしまい、最終的には抜け落ちてしまいます。

これが繰り返されていくと、髪の毛が生えてこなくなってしまうのです。

これがAGAの原因だといわれているのですね。

ここでAGAの治療薬としてのプロペシアが効果を発揮する理由がでてくるのです。

プロペシアに含まれている有効成分はフィナステリドという成分です。

これはもともと前立腺肥大などの薬として開発されていたのです。

が、前立腺肥大の薬としての治験中に髪の毛が増えてきたという副作用が報告されたのです。

このことから育毛剤としての研究が進められたのです。

プロペシアがどうしてAGAに効果を発揮するのかというと、プロペシアの成分がDHTの生成を阻害するからです。

つまりは、テストステロンと還元酵素の結合を阻害するのです。

AGAの原因となるDHTの生成がされなくなることで頭皮は正常な状態に戻っていく。

こうした効果が認められているので、プロペシアはAGAの治療薬として承認されているのです。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

AGAを改善する方法関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ