プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアと側頭部と男性型脱毛症

およそ全国に800万人いるといわれているのが男性型脱毛症の患者です。

AGAともいわれるそれは近年では若年層にも広がりを見せているそうです。

薄毛や脱毛といったものの原因となるのは未だはっきりとした原因は特定されていません。

現在では遺伝に関するモノと、男性ホルモンによるモノという説が主流的だといえるでしょう。

さて、そんなAGA男性型脱毛症ですが、どんな特徴があるのかというと、いわゆる旋毛といわれる頭頂部の髪が薄くなる、もしくは、前髪が後退していくというような症状があげられます。

こうした症状の初期段階として、抜け毛が増えたり、髪の毛が細くなってきたりという症状があります。

ですので、最近髪がよく抜けるなと感じているのであれば早めに処置したほうがいいかもしれません。

薄毛や脱毛に効果のあるモノといえば、やはり育毛剤となりますよね。

中でも有名なのはリアップという商品です。

ミノキシジルという成分が配合されていて、このミノキシジルは頭皮の血流を促進する効果があるのです。

頭皮にはとうぜん髪の毛のもととなる毛根があり、そこには毛母細胞というものがあります。

これが成長していくことで髪の毛になっていくのですね。

この細胞に酸素や栄養を十分にいきわたらせることで発毛の効果があるといわれています。

もうひとつ、有名なのがプロペシアです。

プロペシアに含まれているのはフィナステリドという成分になります。

これはもともと前立腺肥大の薬として開発されていたのですが、被験者から男性型脱毛症が改善したとの報告が多数あったことから育毛剤、発毛剤として開発されなおした商品になります。

プロペシアによる効果は男性ホルモンの抑制にあります。

そうすることで、男性ホルモンと酵素が反応するのを防いでくれるわけです。

ちなみに男性ホルモンと酵素が反応してできた物質こそが脱毛や抜け毛の犯人だといわれているのです。

そこで、少し思いだしてもらいたいのが、先ほどあげた男性型脱毛症の特徴です。

頭頂部と前頭部の髪が抜けて、薄毛になっていくのが特徴と書きました。

これにはこの男性ホルモンと酵素が反応することにも関係してきます。

というのも、この酵素は頭皮全体に均等に分布しているわけではないのです。

頭頂部と前髪に特に多く存在しているのですね。

ですので、頭頂部と前頭部が薄毛になってくるのです。

逆にいうと、側頭部や後頭部にはほとんど酵素が存在していません。

ですのから、側頭部や後頭部が抜け毛で悩ませれることというのはほとんどないのです。

特に男性型脱毛症だとすれば、前頭部と後頭部、この部分が薄毛になるのも仕方ありません。

が、側頭部や後頭部が薄毛になることはほとんどないのです。

というか、側頭部や後頭部が薄毛になってきたのであれば男性型脱毛症ではなく、別の原因を探った方がいいかもしれません。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

側頭部と男性型脱毛症関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ