プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアの初期脱毛での効果

男性型脱毛症の改善に期待できる医薬品としてプロペシアというものがあります。

このプロペシアは男性ホルモンの抑制をすることで効果を発揮するのです。

医薬品として厚労省にも認められており、多くの人が服用している医薬品です。

そんなプロペシアですが、服用してしばらく経過すると逆に抜け毛が増えたというようなことがあります。

抜け毛を防止するはずのプロペシアなのに、抜け毛が?

なんて思う方も多いでしょう。

しかし、この症状、初期脱毛といってめずらしい症状ではありません。

プロペシアの初期脱毛というのは何故起こるのか、その原因は明確にはわかっていません。

しかし、現在のところ有力な説としては髪の毛の成長サイクルに関係しているのではないかということがあげられます。

髪の毛の成長サイクルとは毛周期とも言います。

毛周期というのは、髪の毛が発毛するところから、太く長く成長していく過程を経て、やがて抜け落ちるまでのすべてをさしています。

毛髪が抜け落ちてしまった毛根は一定の時間を置いたあとに、再び発毛をくりかえしていくという仕組みになっているのです。

ですが、何らかの理由(頭皮の異常やホルモンバランスの乱れ、男性ホルモンによる影響、遺伝的因子など)によって毛周期が遅れることがあります。

髪の毛が発毛したあと、十分に成長しないままに髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

こうした異常が続いていくことによって毛髪自体が生えてこなくなってしまいます。

これは脱毛症の原因でもあります。

こうしたときに男性型脱毛症であれば男性ホルモンの影響であったり、遺伝的要素が原因となります。

プロペシアが効果を発揮するのは男性ホルモンによる影響の場合ですね。

プロペシアを服用することで抜け毛が抑制されて、徐々に毛周期が正常に戻っていくのです。

このときにもともと生えていた髪の毛が新たに生えかわろうと抜け落ちていく。

これが初期脱毛の原因だといわれているのです。

つまり、初期脱毛というのは毛周期が正常に戻ろうとしている証拠であるということになるのです。

生え変わりが終わってしまえば自然と初期脱毛もおさまってきます。

ですので、そう心配する必要はありませんから一時的なものとして様子をみてください。

大抵の場合はひと月程度でおさまりますが、もし収まらないようであれば医療機関で相談するようにしてください。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

初期脱毛での使用関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ