プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアで抜け毛を防ぐために

現在、成人男性の4人に1人が髪について悩みを持っているといわれています。

その内の9割以上の人が男性型脱毛症、AGAであるといわれています。

男性型脱毛症というのは思春期以降に発症する進行性の脱毛症です。

初期症状としては髪の毛が細くなったり、抜け毛が多くなる、髪のハリやコシがなくなるといったことがあげられます。

こうした症状が進行していくと、最終的には、前髪の生え際が後退していったり、つむじのあたりから薄毛が進行していくことになります。

症状が広まってしまうと、側頭部と後頭部だけを残して、脱毛状態となります。

この男性型脱毛症に有効だとされている医薬品がプロペシアです。

プロペシアには抜け毛を防ぎ、脱毛症を抑える効果があります。

これはプロペシアに含まれている有効成分であるフィナステリドという成分によるモノです。

男性型脱毛症の原因としてあげられているのは、遺伝的要素と男性ホルモンによるモノの2つです。

この内、遺伝的要素による男性型脱毛症にプロペシアは効果がありません。

ですが、男性ホルモンの影響を受ける場合にはその効果を発揮します。

では、何故そうなるのかを追っていきましょう。

男性ホルモンのひとつにテストステロンというものがあります。

このテストステロンと還元酵素が結合し変化したものがDHTといわれるホルモンです。

このDHTが毛根の中にある髪の毛のもと、毛母細胞の成長を阻害するのですね。

結果として、髪の毛が成長しなくなってしまい抜け毛が増え、やがては発毛しなくなってしまうのです。

そこで、プロペシアがどう作用するのかというと、テストステロンと還元酵素が結合するのを阻害するのです。

つまり、脱毛の直接的な原因となるDHTの生成を抑制してくれるのですね。

こうしたことから、抜け毛は抑制されるのです。

プロペシアの効果によって抜け毛が抑制されることで、初期脱毛といわれる症状が起こることがあります。

これは毛髪の成長サイクルが正常に戻ろうとしている証拠ですので、そんなに気にする必要はありません。

およそひと月ほどで収まるものですが、もしこの初期脱毛が収まらないのであれば他の脱毛症である可能性があります。

ですので、プロペシアを服用して、初期脱毛がはじまったときには様子をみてください。

その後、ひと月経っても抜け毛がおさまらないのであれば、医師に相談するようにしてくださいね。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

抜け毛を防ぐ関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ