プロペシアの本物

プロぺシアの正規品は安全に購入出来ます

プロペシアの成分を知っておこう!

現在、多くの人が悩まされている薄毛という問題は若年層にも広がってきているそうです。

日本人男性の4人に1人は脱毛や薄毛に悩まされているといわれています。

この中の90%ていどの人は男性型脱毛症といわれる脱毛症になるそうです。

遺伝的な要素もあるとはいえ、多くの男性がかかってしまう可能性があるのが男性型脱毛症というものです。

その特徴は、頭頂部のうなじあたりの髪の毛が抜けていく、というものか、前髪が後退していくというものがあげられます。

いわゆる男性の薄毛で最も多いパターンだといわれているのです。

さて、この男性型脱毛症を改善するための薬として有名なモノは幾つかありますよね。

中でも有名なのはリアップというモノではないでしょうか。

一時期、テレビなどのメディアでも大きく報道されたこともあって、知名度的には抜群でしょう。

こちらはミノキシジルという有効成分を含んでいる育毛剤になります。

さて、本題の薬はプロペシアというものです。

リアップに比べると知名度はあまり高くないかもしれませんね。

プロペシアの主成分はフィナステリドという成分になります。

このフィナステリドはもともと前立腺肥大の薬として開発されていたもです。

前立腺肥大の薬としてはプロスカーという商品名で発売されていたのです。

で、このプロスカーを服用した人から、男性型脱毛症が改善されたという多くの報告があったのです。

そこで、改めて育毛剤として、発売されたのがプロペシアです。

プロペシアは男性ホルモンを抑制するという機能を持っており、男性ホルモンの影響が原因とされる男性型脱毛症の救世主的存在となりました。

実際に効果のあった人も多く、プロペシアの人気はどんどんとあがっていったのです。

錠剤タイプなので、飲みやすく、いつでもどこでも飲むことができると評判になりました。

しかし、プロペシアには男性ホルモンを抑制という力があるだけに、男性機能の低下や性欲の減退といった副作用がみられるようになったのです。

他にも、肝機能障害を起こす可能性もあって決して安全な薬というわけではありません。

きちんとした医師の管理下にあるのなら、そこまで忌避すべき必要はありません。

日本ではそれだけ効果が高いのと同時に副作用も重篤なものを引きおこす可能性があるので、自分勝手な服用は絶対にしないようにしましょう。

ですが、ホルモンステロイド剤なので、決して油断ようにしてください。

また、特に妊婦の人や妊娠の可能性がある方は、決して服用したり触ったりしないでください。

お腹の中にいる赤ちゃんに影響がでることがあります。

中でも男の赤ちゃんがお腹の中にいる場合には決してふれもしないようにしてください。

というのも、プロペシアの効果で生殖器に異常が発症してしまう可能性が高いからですね。

プロペシア
>>安心してプロペシアを購入するために<<

成分を知っておこう関連ページ

サブコンテンツ

おススメ商品


このページの先頭へ